ACCORD試験では強化療法群で心筋梗塞の発症リスクが低下している。

ACCORD 試験で、期間中(3.7年)および全期間(フォローアップ期間1.2年を含む)ともに、心筋梗塞は、血糖強化療法群に少ない。 (ハザード比 試験期間中0.8、全期間 0.84)
 
強化療法群における5年間の発症率の低下
虚血性心疾患 13%
心筋梗塞   16% 
非致死性心筋梗塞 19%
厳格な血糖コントロールが心筋梗塞を減らしている可能性もある。 
 
コメントの記事より
ACCORD 試験で、心血管死、全死亡の増加は、A1C 7%未満を達成できなかった参加者に多く認められる。
強化療法群、従来療法群で、自律神経障害の罹病率は同じ。
強化療法群の死亡で、9.5%から10.5%が低血糖によるものであり、重症低血糖は強化療法群の死亡率上昇を説明し得ない。
ACCORD 試験の強化療法群で認められた死亡率の上昇が、偶然 “chance” であるという意見もある。3) 4)
 
血糖値が悪い症例にインスリン注射量が増えた場合、高インスリン血症と高血糖が同時におこり、その結果、異所性心外膜脂肪蓄積が増え、心筋症や冠動脈疾患の原因となる。5)
 
1. Gerstein HC, Miller ME, Ismail-Beigi F, Largay J, McDonald C, Lochnan HA, Booth GL; for the ACCORD Study Group. Effects of intensive glycaemic control on ischaemic heart disease: analysis of data from the randomised, controlled ACCORD trial. Lancet. 2014 Jul 31. pii: S0140-6736(14)60611-5.  

2.Chiasson JL, Lorier JL. Glycaemic control, cardiovascular disease, and mortality in type 2 diabetes. Lancet. 2014 Jul 31. pii: S0140-6736(14)60884-9. doi: 10.1016/S0140-6736(14)60884-9. [Epub ahead of print] 

3. Lachin JM Point: Intensive glycemic control and mortality in ACCORD—a chance finding? Diabetes Care 2010; 33: 2719–21.

4. Riddle MC Diabetes Care. 2010 Dec;33(12):2722-4. Counterpoint: Intensive glucose control and mortality in ACCORD--still looking for clues.

5. Winhofer Y, Krssak M, Jankovic D, et al. Short-term hyperinsulinemia and hyperglycemia increase myocardial lipid content in normal subjects. Diabetes 2012; 61: 1210–16.

 

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム