リラグルチドによるβ細胞機能の改善は中止後2週間で消失

2型糖尿病 51人、インスリン強化療法を4週間行ったのち、リラグルチドかブラセボで48週間治療する。12週間ごとに糖負荷試験を行い、β細胞機能の指標であるInsulin Secretion-Sensitivity Index (ISSI) -2を評価した。
 
罹病期間 2.6 ± 1.9 years、リラグルチド治療開始前のA1Cは6.8 ± 0.8%
 
ISSI-2は、48週までリラグルチド群がプラセボ群より良好な結果で、リラグルチド治療中止2週間後には両群の差は消失した。
 
リラグルチド治療中はβ細胞機能が改善しているが、この治療がβ細胞の機能低下 (β cell deterioration ) を引き起こす根本的な病因を改善するわけではない。
"Thus, despite the improvement of β-cell function while on liraglutide, the underlying pathology driving β-cell deterioration was not reversed by this therapy."
 
発症早期のインスリン強化療法β細胞機能を回復させる(reverse) 。
リラグルチド治療のISSI-2値がかなり高いので、リラグルチド治療がインスリン強化療法の効果を維持したというよりは、さらに多くのβ細胞機能を回復させる可能性がある。
リラグルチド治療群では、50%以上の参加者がA1C 6%未満を達成している。リラグルチド治療が、β細胞の衰退 decline という2型糖尿病のnatural history や、高血糖、合併症リスクを変えることができるのかは今後さらなる検討が必要。
 
1. Retnakaran R. et al. Diabetes Care. 2014 Dec;37(12):3270-8. doi: 10.2337/dc14-0893. Epub 2014 Sep 23. Liraglutide and the Preservation of Pancreatic β-Cell Function in Early Type 2 Diabetes: The LIBRA Trial.

 

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
12位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム