低血糖と低カリウム血症

低血糖で血中カリウム値は低下する。
糖尿病家族歴のない男性8人、プロプラノロールかプラセボを服用し、2時間後に、Insulin Torrance Test を行った。
 
プロプラノロール、プラセボ服用群ともに、25分後までカリウムは低下、プロプラノロール服用群ではカリウム値は上昇するが、プラセボでは45分までカリウム値は低下する。
 
インスリン投与25分から30分後に血糖値30mg/dl をきり、エピフネフェリンが分泌される。
 
インスリン負荷後30分から45分までのカリウム値の低下はエピネフェリン上昇による β-adrenal receptor stimulation のためである。
 
インスリンは筋肉細胞で、ナトリウムの透過性をあげpHを上昇させる。その結果、(Na+-K+)-ATPase が活性化され、細胞内にカリウムが流入し低カリウム血症となる。
カテコラミンも、ラットの soleus muscle で、glucose-free bicarbonate溶液中では、(Na+-K+)-ATPaseを活性化する。
 
1. Petersen KG, Schlüter KJ, Kerp L. Regulation of Serum Potassium During Insulin-induced Hypoglycemia Diabetes. 1982 Jul;31(7):615-7.

 

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム