低血糖と不整脈(2)

低血糖時の心筋細胞
低血糖時の低カリウム血症やカテコラミン分泌による細胞内カルシウム上昇が不整脈の原因となる。
 
細胞内カルシウム濃度上昇
カテコラミンにより、細胞内カルシウム濃度が上昇し、心室性頻脈、心室細動の原因となる。1)
 
低カリウム血症
インスリン負荷試験による低血糖では血中カリウム値が低下する。インスリンおよびカテコラミンが、(Na+-K+)-ATPase を活性化し、細胞内にカリウムが取り込まれ、低カリウム血症となる。2)
低カリウム血症は、QT時間延長および心筋細胞内のCa overload の原因となる。
 
 K+ current 抑制
心筋細胞の再分極 repolarizationでは、K+ currentが認められる。
低血糖時は、K+ currentが抑制され、活動電位が延び (prolonged action potential)、QT時間延長と心室性頻拍症の原因となる。2)
 
1. Nordin C. The case for hypoglycaemia as a proarrhythmic event: basic and clinical evidence
Diabetologia, 2010, 53:1552–1561

2. Petersen KG, Schlüter KJ, Kerp L.Regulation of Serum Potassium During Insulin-induced HypoglycemiaDiabetes. 1982 Jul;31(7):615-7.


関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム