グルタミン酸受容体拮抗薬は糖負荷試験の血糖値を改善する。

N-methyl-D-aspartate receptor (NMDAR)は、四量体で3つの異なるサブユニット (GluN1、GluN2、GluN3) からなる。GluN1はglycine、 GluN2はグルタミン酸の受容体で、GluN1をかならず含む。
GluN1ノックアウトマウスはインスリン分泌が亢進している。
 
NMDAR活性化は、KATP channel を活性化し、カルシウムチャネルを閉じるため、インスリン分泌を抑制する。
一方、NMDAR 拮抗薬は、細胞内カルシウムのoscillation を増強し、インスリン分泌を促進する。
 
NMDAR拮抗薬、dextromethrophan (DXM) は、dextrophan (DXO) に代謝される。
DXOは、ヒトおよびマウス膵島で、基礎インスリンを増やさずにグルコース刺激インスリン分泌 (GSIS) を増加させ、exendin-4によるGSIS を増強した。
 
DXM の長期経口投与はdb/db マウスの膵島インスリン含量、islet cell mass、血糖値を改善した。
small clinical trial で、DXMを4日間服用後の糖負荷試験では、負荷後の血糖値が低下する。
 
(Dextromethorphan hydrobromide hydrate は、鎮咳薬(商品名メジコン)として現在使われています。)
 
1. Wollheim CB, Maechler P. Beta cell glutamate receptor antagonists: novel oral antidiabetic drugs? Nat Med. 2015 Apr 7;21(4):310-1. doi: 10.1038/nm.3835.

2. Marquard J et al. Characterization of pancreatic NMDA receptors as possible drug targets for diabetes treatment. Nat Med. 2015 Apr;21(4):363-72. doi: 10.1038/nm.3822. Epub 2015 Mar 16.

 
 

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム