胆汁酸は、G-protein coupled bile acid receptor (GPBAR1,TGR5) を介して、GLP-1分泌を促進する。

胆汁酸は、G-protein coupled bile acid receptor (GPBAR1,TGR5) を介して、GLP-1分泌を促進する。
chamber method による検討の結果から、管腔側 (luminal) ではなく基底外側部 (basolateral) の受容体が主要な役割を果たしている。

Brighton CA, Rievaj J, Kuhre RE, Glass LL, Schoonjans K, Holst JJ, Gribble FM, Reimann F. Bile acids trigger GLP-1 release predominantly by accessing basolaterally-located G-protein coupled bile acid receptors. Endocrinology. 2015 Aug 17:en20151321. [Epub ahead of print]
関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム