β-cell identity の喪失が2型糖尿病で機能するβ細胞量を減弱させている。

2型糖尿病の膵島ドナーでは
・β cell area が少なくα/β cell ratio が高い。
・インスリンとグルカゴンが共染する細胞がコントロールに比べ8倍多い
・5%程度の細胞がNKx6.1+glucagon+Insulin- で、これはコントロールに比べ5倍となっている。

NKx6.1+glucagon+Insulin-細胞は、糖尿病のサル(macaque) でも認められる。
NKx6.1+glucagon+Insulin-細胞数は、膵島のアミロイド沈着に比例している。

β-cell identity の喪失が、2型糖尿病で機能するβ細胞量 (functional β cell mass) を減弱させている。

Spijker HS et al. Loss of β-Cell Identity Occurs in Type 2 Diabetes and Is Associated With Islet Amyloid Deposits. Diabetes. 2015 Aug;64(8):2928-38. doi: 10.2337/db14-1752. Epub 2015 Apr 27.


関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム