グルカゴンを発現するα細胞では、insulin mRNA の発現が認められる。

グルカゴンを発現するα細胞では、高い濃度のインスリン mRNA の発現が認められる。インスリン蛋白は発現していない。

膵島ドナーから提供されたヒト成人膵島を単一細胞に分離後、FACSでsortingした。ドナーには糖尿病を認めない。

β/α細胞比は年齢、性別に関係しない
BMIが高いほどβ/α細胞比は低下する傾向がある。

α細胞で、インスリンmRNAは62番目に多く発現している。インスリンタンパクは認められない。
β細胞で、グルカゴンmRNAは、177番目に多く発現している。

α細胞をリプログラムしインスリンを産生させることができれば糖尿病治療につながる。

"Last, our study of very pure cell subsets has uncovered surprisingly high insulin mRNA expression without insulin protein in glucagon-expressing α cells, which raises the interesting possibility that under certain conditions, α cells may be reprogrammed to secrete insulin with clear therapeutic consequences."

Blodgett DM et al. Novel Observations From Next-Generation RNA Sequencing of Highly Purified Human Adult and Fetal Islet Cell Subsets. Diabetes. 2015 Sep;64(9):3172-81. doi: 10.2337/db15-0039. Epub 2015 Apr 30.

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム