グルカゴン作用の抑制は、血中アミノ酸増加を介してα細胞を増加させる。

グルカゴン作用の抑制は、血中アミノ酸増加を介してα細胞を増加させる。

グルカゴン作用を抑制したマウスでは、α細胞が増加する。このメカニズムを明らかにした論文です。

・グルカゴン拮抗抗体を投与した糖尿病モデルマウスで、血糖値が改善し、α細胞面積は増加する。

・グルカゴン受容体欠損マウスとグルカゴン拮抗抗体を投与したdo/db マウスでは、マイクロアレイ解析で、アミノ酸異化に関与する遺伝子発現が低下していた。

・グルカゴンはミトコンドリアの尿素サイクルのオルニチントランスポーター slc25A15をはじめとするアミノ酸異化に関わる遺伝子を活性化している。

・グルカゴン受容体欠損マウスでは血中アミノ酸値が上昇し、生後、血中アミノ酸の上昇とともにα細胞の増加が認められる。

・α-cell lineage をマーキングしたマウスで、グルカゴン拮抗抗体を静脈及び腹腔内に投与後、血液中のアミノ酸が増加し、膵島のα細胞増殖 (replication) が認められる。

・mTOR 阻害薬 Rapamycin は、グルカゴン受容体欠損マウスのα細胞増殖を抑制する。

まとめ
グルカゴン作用抑制した糖尿病モデルマウスで、血糖値が改善し、α細胞が増加する。
グルカゴン抑制により、アミノ酸異化が低下、血中アミノ酸が増加し、mTOR activity依存性に、α細胞の増殖 (replication)が生じる。

Solloway MJ et al. Glucagon Couples Hepatic Amino Acid Catabolism to mTOR-Dependent Regulation of α-Cell Mass. Cell Rep. 2015 Jul 21;12(3):495-510.


関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム