糖尿病と死亡率

 2型糖尿病では、低年齢、血糖コントロール悪化、腎合併症の重症度に比例して死亡率が上昇する。

2型糖尿病と死亡率
スウェーデンの研究、 糖尿病4.6年、コントロール4.8年のフォローアップ
43万人の登録者のうち、77000人に糖尿病がある。

HbA1c 6.9%未満のハザード比
         全死亡     心血管死
55歳未満      1.92      2.18
75歳以上      0.95      0.92

A1c 6.9%未満、正常アルブミン尿では 
55歳未満.       1.60
55~75歳      0.87
75歳以上      0.76

血糖値コントロールが良く正常アルブミン尿であっても、55歳未満では死亡リスクが高い。
若年者こそ、血圧、資質管理が重要で微量アルブミン尿をさける。
55歳未満、A1c 6.9%未満の2型糖尿病の死亡率リスク上昇は約2倍で、1型糖尿病と同等 2)

正常アルブミン尿であれば、死亡率はコントロールに比べ、65から75歳未満、75歳以上で低い
75歳以上の高齢者で、A1c7.8%未満まで死亡率がコントロールに比べ低い。

フォローアップ期間の最後7年では最初7年と比べ、全死亡、心血管死ともに低下している。(time interaction)

平均A1Cが高いと死亡率も増加
年齢によらず腎保護は重要
55歳未満で、stage 5 CKDがあれば死亡率は15倍となる。

55歳未満の死亡率を減らすためには、
・厳格な血圧コントロール
・スタチンの処方
・よい血糖値にもちこむこと(targetting of good glycemic control)
だけでは不十分で、

・禁煙、
・physical activity をあげる
・新たに心保護作用のある薬剤を開発する(スタチンを服用できない場合の代替薬など)
ということが必要となってくる。

1. Tancredi M1, Rosengren A, Svensson AM, Kosiborod M, Pivodic A, Gudbjörnsdottir S, Wedel H, Clements M, Dahlqvist S, Lind M. Excess Mortality among Persons with Type 2 Diabetes. N Engl J Med. 2015 Oct 29;373(18):1720-32. doi: 10.1056/NEJMoa1504347.

2. M Lind, AM Svensson, M Kosiborod. Glycemic control and excess mortality in type 1 diabetes. N Engl J Med2014;371:1972-1982

スウェーデンの研究、1型糖尿病 平均年齢35.8歳、フォローアップ8年
A1C 6.9%かそれ以下では一般人口に比べ死亡率、心血管死亡率は matched control に比べ2倍、血糖コントロール不良例ではさらに高い。

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム