DPP開始15年後、ライフスタイル 介入群は糖尿病発症 27%減

 DPP (1996年-2000年) 15年後のフォローアップ

糖尿病発症予防 (プラセボとの比較)
ライフスタイル 介入 27%減
メトフォルミン18%減

ライフスタイル介入は、DPP開始から10年後で、34%の糖尿病発症リスク減だったので、ライフスタイル介入の優勢性は時間とともに減少し、メトフォルミンの値に近づいている。
メトフォルミンは糖尿病予防のlow-cost drug

Long-term effects of lifestyle intervention or metformin on diabetes development and microvascular complications over 15-year follow-up: the Diabetes Prevention Program Outcomes Study Lancet Diabetes Endocrinol. 2015 Nov;3(11):866-75

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム