食物線維と腸内細菌 腸内細菌プレボテラ属 (Prevotella) は、食物繊維摂取後の血糖値改善に関与する

 腸内細菌プレボテラ属 (Prevotella) は、食物繊維摂取後の血糖値改善に関与する

空腹時血糖110mg/dl 未満の39人(男性6人女性33人)
食物繊維が豊富なパン (barely kernel-based bread, BKB) を3日間摂取した後、朝食後の血糖値が改善した群 (Responder) では、腸内のプレボテラ属(Prevotella) /バクテロイデス属比が上昇している。
プレボテラ属とバクテロイデス属は同じNiche に存在すると想定される。

Diet fiber がプレボテラ属のcolonize に重要

Responder の便を移植した無菌マウスでは耐糖能が改善、プレボテラ属が増加、肝臓でグリコーゲン含有量が増加した。

Kovatcheva-Datchary P et al. Dietary Fiber-Induced Improvement in Glucose Metabolism Is Associated with Increased Abundance of Prevotella Cell Metab. 2015 Nov 6. pii: S1550-4131(15)00517-3. doi: 10.1016/j.cmet.2015.10.001. [Epub ahead of print]

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
11位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム