低血糖に対する経鼻経鼻吸入グルカゴンは有効

1型糖尿病72人、インスリンで導入した低血糖に対して、グルカゴンの筋肉注射1mgあるいは経鼻吸入3mgで比較

血糖値が70 mg/dl を超えるか、底値より20 mg/dl 上昇を低血糖からの回復とする。

経鼻吸入では1例を除き、筋肉注射では全例が低血糖から回復。
低血糖からの回復時間は、経鼻吸入16分、筋肉注射13分、経鼻吸入で回復時間が有意に遅い。

両剤とも投与5分で薬理学的な濃度に到達、血糖上昇カーブは筋肉注射と経鼻吸入で同様。

グルカゴン注射の溶解など準備時間が必要。臨床上、針のない経鼻吸入薬が好まれる。
グルカゴン投与後の吐き気や嘔吐は、消化管平滑筋の弛緩の結果であるとことがよく知られている。

経鼻吸入のグルカゴン投与はインスリンによる1型糖尿病の低血糖で非常に効果的である。

Rickels MR et al. Intranasal Glucagon for Treatment of Insulin-Induced Hypoglycemia in Adults With Type 1 Diabetes: A Randomized Crossover Noninferiority Study Diabetes Care. 2015 Dec 17. pii: dc151498. [Epub ahead of print]

 
関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム