1型糖尿病はβ細胞特異的な疾患なのか? 1型糖尿病のレビュー

 β細胞が特異的に自己免疫の傷害をうけるのではない。Pancreatic immune attack is not β-cell specific.
1型糖尿病の膵臓で、外分泌腺のatrophyが認められ、外分泌の抗原に対する自己抗体が明らかになっている。 (carbonic anhydrase II, lactoferrin, bile salt-dependent kinase, pancreatic cytokeratin)

insulitis は universal feature ではない
・1/3の患者にはinsulitis を認めないという報告がある。
・insulitis の定義は、最低3個の膵島に、15以上のCD45+ 細胞が浸潤していることと定義された。定量的には、insulitis は非常に少ない。2)
・糖尿病発症時、3タイプの膵島 (insulin-deficient islet, inflamed islet, normal islet) がさまざまな割合で混在している。

1型糖尿病は単一の疾患なのか?  疾患の多様性について
213例のメタアナリシスの結果、14歳以下、1ヶ月未満の経過で発症した場合、73%にinsulitis を認め、15-40歳では、同じ criteriaで、29% にinsulitisを認める。15歳以上では、14歳以下に比べ2倍のβ細胞があると報告がある。β細胞破壊の激しさ (aggressiveness) は年齢と関係する可能性がある。3)
成人では、HLA susceptibility を有する割合が低下する。

Battaglia M, Atkinson MA The streetlight effect in type 1 diabetes. Diabetes. 2015 Apr;64(4):1081-90. doi: 10.2337/db14-1208.

Campbell-Thompson ML, Atkinson MA, Butler AE, et al. The diagnosis of insulitis in human type 1 diabetes. Diabetologia 2013;56:2541–2543

In’t Veld P. Insulitis in human type 1 diabetes: The quest for an elusive lesion. Islets 2011;3:131–138


関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
12位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム