GLP-1受容体作動薬と腎

ラットの結果、GLP-1作動薬が尿アルブミンを減少させる。糸球体過剰ろ過も改善。1)

糖尿病モデルマウス (Akita mice) で、リラグルチドが、尿アルブミンを減少させ、glomerular expansion を抑制した。糸球体のスーパーオキサイドと腎のNAD(P)H oxidase を低下させた。
GLP-1は、慢性的高血糖下で、酸化ストレスを改善することにより腎保護効果を示す。2)

ヒトで短期間の結果、リラグルチド投与で、近位尿細管ナトリウム再吸収とAngiotensin II は低下する。GFRは変化なし。血圧、心拍数は上昇。3)

1. Kodera R, Shikata K et al. Glucagon-like peptide-1 receptor agonist ameliorates renal injury through its anti-inflammatory action without lowering blood glucose level in a rat model of type 1 diabetes. Diabetologia. 2011 Apr;54(4):965-78. doi: 10.1007/s00125-010-2028-x. Epub 2011 Jan 21.

2. Fujita H et al. The protective roles of GLP-1R signaling in diabetic nephropathy: possible mechanism and therapeutic potential. Kidney Int. 2014 Mar;85(3):579-89. doi: 10.1038/ki.2013.427. Epub 2013 Oct 23.

3. Skov J et al. Short-term effects of liraglutide on kidney function and vasoactive hormones in type 2 diabetes: a randomized clinical trial. Diabetes Obes Metab. 2016 Feb 22. doi: 10.1111/dom.12651. [Epub ahead of print]

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム