持効型インスリン peglispro は開発中止

 2015年12月、リリー社は、肝障害のため持効型インスリン peglispro の開発中止を表明している。

まとめ (Diabetes Care 4月号 Editorialより)
peglispro は末梢組織より肝臓での作用が強い。
肝糖産生を抑制し、筋肉での糖取り込みが低いため、低血糖リスクを低下させ、体重も増加させず減少させることも期待されていた。
"Thus, peglispro might control glucose through the reduction of hepatic glucose release with less risk of hypoglycemia caused by variable peripheral uptake by muscle and might favor weight loss rather than gain (8). Surely, the investigators working on peglispro were intrigued by these possibilities.”

一方、末梢でインスリン作用が低下することが、脂肪肝の原因となった。
・末梢でインスリン作用が低下するためFFAが上昇する。
・FFAの上昇は、脂肪肝を促進しインスリン抵抗性と肝障害を生じる。
・FFA上昇は心血管イベントにリスクマーカーであり、不整脈との関連も指摘されている。

開発中止となったが、臓器特異的に作用するインスリンの可能性は示されており、たとえば脳特異的に作用するインスリンは体重を減少させる。insulin detemir の体重減少作用は脳に作用するためと考えられている。

Riddle MC. Lessons From Peglispro: IMAGINE How to Improve Drug Development and Affordability Diabetes Care April 2016 vol. 39 no. 4 499-501

Lilly Ends Basal Insulin Peglispro Development Program

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
12位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム