血糖コントロールの腎保護効果 ADVANCE-ON

強化療法群によるESKD イベント抑制はトライアル後も続く。 

まとめ
ADVANCE trial 5.4年のフォローアップ、end-stage kidney disease (ESKD) イベントは、透析、腎移植が必要となった場合、腎臓病による死亡と定義した。
試験期間中に示された ESKD の減少は9.9年続く。
early-stage CKD とベースラインの収縮期血圧が低い群に、より大きな効果を認める。

In-trial             Intensive Tx            Conventional Tx
ESKD               7      vs.    20                        HR 0.35

After a total of 9.9 years of follow-up
ESKD               29     vs.        53                        HR 0.54

ACCORD study では強化療法で、ESKD イベント数が少ないものの有意差はつかず、ADVANCEの結果が待たれていた。
強化療法は、全死亡、心血管死、心筋梗塞、脳卒中の発症に影響しない。
CKDのある患者に強化療法を行っても上記アウトカムが増加することはない。

Long-term Benefits of Intensive Glucose Control for Preventing End-Stage Kidney Disease: ADVANCE-ON

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム