Second meal effect―昼食後の血糖値は上がりにくい。

糖尿病学会関東地方会に行ってきました。久しぶりに行った大宮は新幹線も止まり、駅も広く、駅前もにぎやかでした。
 
インスリンアレルギーや妊娠糖尿病のセッションにいて、新しい知識を得て勉強になりました。妊娠糖尿病のADAのマニュアル Medical Management of Pregnancy では、食事指導に朝食を軽くすることが書いてあります。朝食後の血糖値が上がりやすいのでそうしているのだと理解していました。妊娠糖尿病の演題で引かれていた論文を読んでみました。

The Second-Meal Phenomenon in Type 2 Diabetes. Diabetes Care 2009; 32: 1199-1201
一般的に、朝食後に比べ、昼食後の血糖値が上がりにくい傾向があり、Second meal effect 呼ばれ、健常者で広く調べられてきた。 肥満のある糖尿病患者の食事負荷の検討でも、1)朝食あり 2)朝食なしで昼食をとったところ、1)に比べ、2)血糖上昇が著明。
遊離脂肪酸(FFA)が高いとインスリン感受性が低下する。
FFAは、朝食をとることにより昼食前は朝食前より低下していて、そのために昼食後の血糖値が上がりにくい。3)朝食なしでもアルギニンを静注し、FFAを抑えておくと、昼食後の血糖値上昇が抑えられた。
 

昼に比べ朝の血糖は上がりやすいので、食事療法で厳格な血糖コントロールを目指すためには、朝食を少なめにとることが必要で、妊娠糖尿病の食事指導の内容もそれに沿っていることが分かりました。
 
後は、インスリンアレルギーですが、インスリン抗体(IgE)ができた場合に、インスリンの減感作は再度のアナフィブラートなど難しい場合も多く、インスリン治療がどうしても必要か見極める必要があると感じた。
食事療法をきちんとすれば、食事療法と経口薬でコントロールできる症例も多いようでした。
インスリン製剤のゴム栓に対するアレルギーが報告されていて、つい製剤に注意が行きがちだけれどそれ以外にも注意が必要。
医師ブログ20100131
関連記事

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
11位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム