β細胞の代謝シグナル(4)

 モノアシルグリセロール (MAG)を加水分解するABHD6 の発現を抑制したマウスでは、高脂肪食で肥満が起こらない。摂餌量が低下、エネルギー消費量が増加する。
MAGの上昇は、PPARα、PPARγを活性化し、褐色脂肪細胞を増加させる。
摂餌量が低下した原因は明らかでない。

Zhao S. et al. α/β-Hydrolase Domain 6 Deletion Induces Adipose Browning and Prevents Obesity and Type 2 Diabetes. Cell Rep. 2016 Mar 29;14(12):2872-88.

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
16位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム