1型糖尿病で運動による低血糖を最小限にするために

 1型糖尿病で中等度の運動中に、皮下のインスリン吸収が促進し、血中インスリン値は一時的に上昇する。運動前の血糖値が低め〜正常の場合は、炭水化物摂取が必要。

ポンプ使用者の14人のクロスオーバートライアル、中等度のエアロバイク30分の運動を行う60分前に基礎インスリン値を50%減量を開始、210分間継続した。運動開始15分、30分で、安静時に比べ血中インスリン値は上昇し (15分後、6 ± 2 pmol/l 、30分後、5 ± 2 pmol/l )、運動後、急速に低下する。安静では基礎インスリン減量後、時間とともに血中インスリン濃度が低下する。運動は一過性に (transient) 血中インスリン値を上昇させる。 

14人中3人は、運動による低血糖の予防および治療のため炭水化物を補充した。この3人の運動前の血糖値平均は90 mg/dlであった。11人は運動により血糖値は14.4mg/dl上昇し、運動前の血糖値平均は151 mg/dl であった。
運動前の血糖値が低い場合、正常な場合は、基礎インスリンの減量のみでは、運動による低血糖を予防できない。

運動中、一時的に血中インスリン値が上昇する機序
・心拍出量が増加、体温調節のため皮下血流量が増加し皮下でインスリン吸収が促進される。
・運動時に腎血流量が低下し、腎のインスリンクリアランスが変化する。
運動後、皮下インスリンリザーバーが涸渇し急速に血中インスリンは低下する。

・運動中インスリン値が上昇するが、パラドキシカルに血糖値は増加する。この点には、counter regulatory hormone が関与するのかもしれない。

1型糖尿病で運動による低血糖を最小限にするために 2)
・運動前に炭水化物を摂取する。減量した bolus insulin を打つ場合、打たない場合もある。
・運動前にbasal insulin を減量する。(インスリンポンプでなく注射の場合はやや難しい。)
・食事後2〜3時間以内に運動する場合、bolus insulin を減量する。
・夜間低血糖、運動後の後発低血糖 (delayed post exercise hypoglycemia) を減らすために、運動後、basal/bolus insulin を減量する。
・負荷の強いレジスタンス運動 ( resistance/high intensity exercise) を先に、有酸素運動は後に行う。
・インスリン量の減量、炭水化物の補食を決めるため、持続血糖モニターなど新しいテクノロジーを使うことも考慮する。

1 McAuley SA et al. Insulin pump basal adjustment for exercise in type 1 diabetes: a randomised crossover study. Diabetologia. 2016 Aug;59(8):1636-44. doi: 10.1007/s00125-016-3981-9. Epub 2016 May 11.

2 Habit H, Leelarathna L. Basal insulin delivery reduction for exercise in type 1 diabetes: finding the sweet spot. Diabetologia. 2016 Aug;59(8):1628-31. doi: 10.1007/s00125-016-4010-8.
関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム