パルミトイル化GADとは

GADはパルミトイル化 (palmitoylation) と脱パルミトイル化を繰り返す。
ER ストレスにより、抗原性の強いパルミトイル化GADがゴルジ小体内に蓄積することが自己免疫反応の引き金となるかもしれない

γ-aminobutylyric acid (GABA)を合成するGlutamic Acid Decarboxylase (GAD)には、GAD65とGAD67があり、それぞれ別の遺伝子にコードされる。 GAD65抗体は、1型糖尿病の70-80%に認められる。

GADは、疎水性分子として細胞質で合成され、まずN末端がパルミトイルされる。
GADのパルミトイル化は、endoplasmic reticulum (ER)、ゴルジ小体への anchoring に必要である。
GADは、ゴルジ小体の acyltransferase によりcysteine 30と45にdouble palmitoylation を受けた後、ゴルジ小体膜にとりこまれる。さらにTrans-Golgi network (TGN) へソーティングされ、peripheral vesiclesへ移動する。
脱パルミトイル化を受けたGADは、ゴルジ小体へ逆行性に移動する。

ERストレス下で、ゴルジ小体内のパルミトイル化 GADが増加する。
パルミトイル化GADは、抗原提示細胞に取り込まれやすい。
GAD抗体陽性者と1型糖尿病患者では、正常コントロールに比べ、ゴルジ小体にパルミトイル化GADの集積が認められる。

Phelps EA et al. Aberrant Accumulation of the Diabetes Autoantigen GAD65 in Golgi Membranes in Conditions of ER Stress and Autoimmunity.Diabetes. 2016 Sep;65(9):2686-99.


関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム