SGLT2阻害薬の腎保護作用

SGLT2阻害薬は、ナトリウム利尿による糸球体内圧低下、酸素消費量抑制により腎保護作用を示す。

ナトリウム利尿による糸球体内圧低下
SGLT2阻害薬は近位尿細管でナトリウム再吸収を抑制するため、ナトリウム利尿が起こる。尿細管糸球体フィードバックにより、理論上、SGLT2阻害薬により、糸球体輸入動脈抵抗は増加し、糸球体内圧は低下する。

低酸素状態の改善
SGLT1、SGLT2は、基底側膜のNa+/K+-ATPase pumpにより駆動されている。したがって腎臓でのグルコースとナトリウムの再吸収はATPを消費し、SGLT2阻害薬は、腎臓のエネルギー消費量を低下させる。
2型糖尿病の近位尿細管では、グルコースとナトリウムの再吸収が亢進しエネルギー消費量が増加している。

尿細管間質の低酸素により、epithelial mesenchymal transdifferentiation (EMT)、間質の繊維化、細胞外マトリックスの蓄積が生じる。細胞外マトリックスの蓄積は正常構造を破壊する。
SGLT2阻害薬は、腎臓の酸素消費量を低下させ、低酸素状態を改善し、chronic kidney disease の進行を抑制する。

Muskiet MH et al. Renoprotection in LEADER and EMPA-REG OUTCOME Lancet Diabetes Endocrinol. 2016 Oct;4(10):812-4.

Gilbert RE. SGLT2 inhibitors: β blockers for the kidney?  Lancet Diabetes Endocrinol. 2016 Oct;4(10):814.

Fine LG, et al. Chronic hypoxia as a mechanism of progression of chronic kidney diseases: from hypothesis to novel therapeutics. Kidney Int 2008; 74: 867–72.

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム