血中TMAOレベルが血栓症と関連する。

腸内細菌により産生された trimethylamine (TMA) が、肝臓でTMA-N-oxide (TMAO)に代謝される。 TMAOは、心血管病や血栓症と関連している。

まとめ
フォスファチジルコリン、コリン、カルニチンは、腸内細菌により trimethylamine (TMA) に代謝される。
TMA は腸管から吸収され、肝臓で、Hepatic flavin-containing monooxygenases (FMO) により代謝され、TMA-N-oxide (TMAO) となる。TMAO はマクロファージのコレステロール蓄積とfoam cell 形成を促進する。

TMAOの血中濃度は、冠動脈疾患のある患者で心血管病リスク、血栓リスクと相関している。

Zhouらは、4000人を超えるデーターで、血中TMAO レベルが血栓症(心臓発作、脳卒中)の独立した予測因子となることを示した。

TAMOは、細胞内に蓄積されたカルシウムの遊離を介して、生理的濃度でストレス下の血小板凝集を促進する。

3, 3-dimethyl-1-butanol が腸内細菌によるTMA形成を抑制し、血中TMAOレベルを低下させる。

肝臓でTMAOを合成するFMO3は、インスリン抵抗性のある肥満者で増加している。
マウスで、FMO3のノックダウンは、高血糖、高脂血症、動脈硬化を予防する。

Till H. A Gut Feeling about Thrombosis. N Engl J Med. 2016 Jun 23;374(25):2494-6.

Zhou W et al. Gut Microbial Metabolite TMAO Enhances Platelet Hyperactivity and Thrombosis Risk. Cell. 2016 Mar 24;165(1):111-24.

Martínez-Del Campo A et al. The Plot Thickens: Diet Microbe Interactions May Modulate Thrombosis Risk. Cell Metab. 2016 Apr 12;23(4):573-5.

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム