メトフォルミンと腸内細菌

メトフォルミン服用で、ムチンを分解する Akkermansia muciniphila、短鎖脂肪酸 (short-chain fatty acid, SCFA) を産生するButyrivibrio, Bifidobacterium bifidum, Megasphaera が増加している。1)

A. muciniphila は、腸管バリア機能を改善する。
A. muciniphila の外膜から分離された Amun_1100 は、高脂肪食で上昇した門脈の lipopolysaccharide 濃度を通常食レベルに低下させる。
Amun_1100、パスツール化されたA. mucinphila は、高脂肪食でインスリン抵抗性を改善する。2)

短鎖脂肪酸は、腸管の糖新生を生じ、肝糖産生を低下させる。
酢酸は、Blood Brain Barrier を透過し、視床下部に直接的作用し食欲を抑制する。

1. Metformin Is Associated With Higher Relative Abundance of Mucin-Degrading Akkermansia muciniphila and Several Short-Chain Fatty Acid–Producing Microbiota in the Gut. Diabetes Care 2016

2. A purified membrane protein from Akkermansia muciniphila or the pasteurized bacterium improves metabolism in obese and diabetic mice. Nature Medicine (2016)

3. Everard A, et al. Cross-talk between Akkermansia muciniphila and intestinal epithelium controls diet-induced obesity. Proc Natl Acad Sci U S A. 2013.

4. Shin NR, Lee JC, Lee HY et al. An increase in the Akkermansia spp. population induced by metformin treatment improves glucose homeostasis in diet-induced obese mice. Gut 2014 63: 727–735

5. De Vadder F et al. Microbiota-generated metabolites promote metabolic benefits via gut-brain neural circuits. Cell. 2014 Jan 16;156(1-2):84-96. doi: 10.1016/j.cell.2013.12.016. Epub 2014 ‪Jan 9.‬ ‬

6. Frost G et al. The short-chain fatty acid acetate reduces appetite via a central homeostatic mechanism Nat Commun. 2014 Apr 29;5:3611.


7. 腸内細菌が産生する短鎖脂肪酸は腸管の糖新生を生じ、肝糖産生を低下させる。

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム