GLP-1は腺房細胞を増殖させる

GLP-1受容体は腺房細胞 (Acinar cell )に発現している。
GLP-1の4-7日間処置で、腺房細胞が増殖し、アミラーゼ、リパーゼの分泌量が増加する。‪1時‬間程度の暴露では影響しない。 ‬
GLP-1はc-Src を介してEFGRを活性化し腺房細胞を増殖させる。
GLP-1作動薬で報告されているアミラーゼ、リパーゼの上昇は膵炎 (subclinical pancreatitis) ではなく、腺房細胞の増殖の結果と考えられる。

1. Wewer Albrechtsen NJ et al. Glucagon-like Peptide 1 Receptor Signaling in Acinar Cells Causes Growth-Dependent Release of Pancreatic Enzymes Cell Rep. 2016 Dec 13;17(11):2845-2856
GLP-1、c-Src、EGFRのわかりやすい図があります。

2. Buteau J, Foisy S, Joly E, Prentki M. Glucagon-like peptide 1 induces pancreatic beta-cell proliferation via transactivation of the epidermal growth factor receptor. Diabetes. 2003 Jan;52(1):124-32.
GLP-1はc-Src /EFGRを介してβ細胞を増殖させる。

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
10位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム