メトフォルミンは胆汁酸の再吸収抑制を介してGLP-1分泌を促進する

胆汁酸は、L細胞に発現するTgr5を介してGLP-1分泌を促進する。1)
メトフォルミンは、Farnesoid X receptor を介して、AMPK-mediated mechanismで、胆汁酸再吸収を抑制し、GLP-1分泌を促進する。2)

1. van Nierop FS et al. Clinical relevance of the bile acid receptor TGR5 in metabolism. Lancet Diabetes Endocrinol. 2017 Mar;5(3):224-233. doi: 10.1016/S2213-8587(16)30155-3. Epub 2016 Sep 14.
“Stimulation of Tgf5 on the basolateral side of L cells has been suggested as an important mediator of bile acid-induced GLP-1 secretion.”

2. McCreight LJ, Bailey CJ, Pearson ER. Metformin and the gastrointestinal tract. Diabetologia First online: 16 January 2016

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム