Dnmt1 と Arxの不活化により、α細胞がβ細胞へ分化転換する

 β細胞が大幅に減少した際に、α細胞の1%がβ細胞へ変換する。1, 2)
Arx はα細胞の重要な転写因子であり、グルカゴン+Arx-細胞は、α細胞からβ細胞へ分化転換の候補細胞となる。

DNA methylation が、α細胞、β細胞の分化と成熟に重要である。DNA methyltransferase 1 (DNMT1) とArx の抑制により高率にα細胞はβ細胞へ誘導される。電気生理学的検討でも、α細胞からされたβ細胞は、本来のβ細胞と同様の特性を有している。3)

罹病歴4から5年1型糖尿病患者では、グルカゴン+細胞の10%にArx-細胞が認められ、2%にインスリン+細胞が認められる。グルカゴン+PDX-1+細胞、グルカゴン+Nkx6.1+細胞も認められる。
罹病歴がより長い場合、グルカゴン+Arx-細胞が5%程度と減少する。3)

1 Chera S et al. Diabetes recovery by age-dependent conversion of pancreatic δ-cells into insulin producers. Nature. 2014 Oct 23;514(7523):503-7.

2 Thorel F et al. Conversion of adult pancreatic alpha-cells to beta-cells after extreme beta-cell loss. Nature. 2010 Apr 22;464(7292):1149-54.

3 Chakravarthy H et al. Converting Adult Pancreatic Islet α Cells into β Cells by Targeting Both Dnmt1 and Arx. Cell Metab. 2017 Feb 12. pii: S1550-4131(17)30044-X. doi: 10.1016/j.cmet.2017.01.009. [Epub ahead of print]

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム