心不全治療薬 sacubitril/ valsartan は、enalapril に比べ、A1cを改善する。

PARADIGM-HFのpost-hock analysis で、心不全治療薬sacubitril/ valsartan は、enalapril に比べ、A1cを改善していた。 インスリンに新規導入率は、sacubitril/ valsartan 群で低い。

sacubitrilは、neprilysin を阻害する。
neprilysinはneural endopeptidase で、natriuretic peptide、bradykinin、angiotensin I 及び II、glucagon-like peptide 1(GLP-1) を分解する。

natriuretic peptide では、脂肪酸化促進、アディポネクチン放出促進、筋肉のoxidative capacity 増強作用が認められている。
BNPの注入により血糖値が低下する。
bradykinin は、脂肪融解抑制し、インスリン感受性を改善する。
高脂肪食のneprilysin を発現しないマウスでは、血中GLP-1値が上昇し、糖負荷試験の血糖値が低下する。

Seferovic JP et al. Effect of sacubitril/valsartan versus enalapril on glycaemic control in patients with heart failure and diabetes: a post-hoc analysis from the PARADIGM-HF trial Lancet Diabetes Endocrinol. 2017 May;5(5):333-340

McMurray JJ et al. Angiotensin-neprilysin inhibition versus enalapril in heart failure. N Engl J Med. 2014 Sep 11;371(11):993-1004.


Gerstein HC et al. The hemoglobin A1c level as a progressive risk factor for cardiovascular death, hospitalization for heart failure, or death in patients with chronic heart failure: an analysis of the Candesartan in Heart failure: Assessment of Reduction in Mortality and Morbidity (CHARM) program. Arch Intern Med. 2008 Aug 11;168(15):1699-704. 
HbA1Cと心不全による入院は関連する

Willard JR ET AL. Improved glycaemia in high-fat-fed neprilysin-deficient mice is associated with reduced DPP-4 activity and increased active GLP-1 levels. Diabetologia. 2017 Apr;60(4):701-708
 
関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム