膵島を腸間膜へ移植する

1型糖尿病患者の膵島移植では、門脈から膵島を注入し肝臓に生着させる手技が一般的であった。今回の報告では、25年の罹病歴がある43歳の1型糖尿病患者に腹腔鏡で腸間膜に膵島を移植した。
移植した膵島の上にトロンビンと血漿で、degradable biologic scaffoldを形成させた。
免疫抑制剤を使用し、移植12カ月後でも血糖値が正常化が続きインスリン治療を必要としていない。

腸管は血流が豊富で、腸間膜で分泌されたインスリンは直接門脈に流入する。移植細胞を取り除く場合も容易であるという利点がある。
Bioengineering of an Intraabdominal Endocrine Pancreas. N Engl J Med 2017 May 11;376(19):1887-1889

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム