視床下部のGLP-1受容体をノックダウンしたマウスでもGLP-1受容体作動薬は食欲を抑制し体重を減少させる。

視床下部のGLP-1受容体をノックダウンしたマウスで、コントロールと同様に、Exendin-4、リラグルチドの末梢投与による食欲抑制効果およびリラグルチド14日投与による体重減少作用を認めた。

高脂肪食では、リラグルチドによる体重減少効果は抑制される。
今回のCreシステムで検証したニューロンとは別の視床下部ニューロンを介して、GLP-1授与作動薬が食欲を抑制している可能性もある。

Burmeister MA et al. The Hypothalamic Glucagon-Like Peptide-1 (GLP-1) Receptor (GLP-1R) is Sufficient but Not Necessary for the Regulation of Energy Balance and Glucose Homeostasis in Mice. Diabetes. 2017 Feb;66(2):372-384

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
12位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム