パラクラインで作用するGLP-1の重要性

全身にプレプログルカゴンが発現しないマウスを作成し、腸管あるいは膵島でプレプログルカゴンの発現を回復させ、GLP-1受容体拮抗薬 exendin-[9-39](Ex9)の作用を検討した。

膵島にプレプログルカゴンの発現を回復したマウスで、Ex9の静注、腹腔内投与が糖負荷試験の血糖を悪化させる。
腸管にプレプログルカゴンの発現を回復したマウスでは、Ex9はは血糖値に影響しない。

膵島で プレプログルカゴン遺伝子から生じるGLP-1が、パラクラインによりβ細胞に作用し血糖値制御に重要な役割をはたしている。

Chambers AP et al. The Role of Pancreatic Preproglucagon in Glucose Homeostasis in Mice. Cell Metab. 2017 Apr 4;25(4):927-934.

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム