FC2ブログ

J-DOIT3

2型糖尿病、45-69歳、2542人、強化療法群ではA1C 6.2%、血圧120/75 mmHg、LDLコレステロール80mg/dl (冠動脈疾患では70 mg/dl)を目指す。フローアップ8.5年で強化療法群と従来療法群でプライマリーアウトカムは有意差なし。脳血管イベントは強化療法群で有意に低下した。ハザード比 0.42

強化療法 vs 従来療法
A1C 6.8% vs 7.2%
収縮期血圧 123 mmHg vs 129 mmHg
拡張期血圧 71 mmHg vs 74 mmHg
LDLコレステロール 85 mg/dl vs 104 mg/dl

強化療法と従来療法でプライマリーアウトカムに有意差がつかなかった理由として、従来療法群でも血糖値、血圧、脂質が良好にコントロールされ、イベント数が少ないことがあげられている。

J-DOIT3の死亡率は、8年間で4%であった。多くのnational diabetes surbeyで年間死亡率が2-3%であるので、J-DOIT3の死亡率は低い。2)
JDCSスタディに比べベースラインのデーターはほぼ同じだが、微小血管合併症や死亡率は半減した。1)
J-DOIT3の死亡原因の約60%はガンによるもので、強化療法群と従来療法群で差を認めない。1)

メタアナリシスで、血圧を120/80未満であることと脳卒中発症およびアルブミン尿の減少との関連はこれまでも報告されているが、冠動脈疾患でのベネフィットは示されていない。2)

Ueki K et al. Effect of an intensified multifactorial intervention on cardiovascular outcomes and mortality in type 2 diabetes (J-DOIT3): an open-label, randomised controlled trial Lancet Diabetes Endocrinol. 2017 Oct 24.

Chan JCN. How can we optimise diabetes care in real-world practice?Lancet Diabetes Endocrinol. 2017 Oct 24.

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム