フットケア勉強会(研究会)

日本医科大学付属病院再生医療科 宮本正章先生の講演を聞いてきました。

1)末梢動脈疾患(PAD)では、血管再生、ステントなどで血流治療回復後、人工真皮移植、maggot therapyを用いて、amputation を回避している。Maggot は抗菌ペプチドを産生し、MRSA、多剤耐性緑膿菌(MDRP)にも効果がある。Maggot はシート入りが売られているそうです。治療は保険適応外。

2)多肢症のbaby の皮膚を培養し作った、ヒトの真皮シートが実用化されていた。

3)敗血症には常に注意。そのため日曜日も回診されている。

4)PADでは、抗血小板療法は3系統併用。(アスピリン 100 mg、シロスタゾール200 mg、サルポグレラート塩酸塩 300mg)。当帰四逆加呉茱萸生姜湯(NO38)も冷感治療に推奨されていた。

5)足医学(podiatric medicine)はアメリカよりドイツを推奨。アメリカは靴が固めだそうです。
スライド数も多く、アクティブな講演でした。
医師ブログ20100218 Photoexpress

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム