FC2ブログ

リノール酸のバイオマーカーは2型糖尿病リスクと逆相関する

10か国、20プロスペクテイブコホートスタディの結果で、総脂肪酸に対するリノール酸バイオマーカーの比率が高い群では2型糖尿病リスクが低い。
リノール酸はアラキドン酸に代謝される。アラキドン酸のバイオマーカーと糖尿病リスクは関連しない。

PUFAs は炭水化物や飽和脂肪酸に比べ血糖値を改善、インスリン分泌、インスリン抵抗性を改善する。
リノール酸がリン脂質への取り込まれることにより膜の流動性 fluidity が変化し、インスリン受容体を変化 させるかもしれない。
リノール酸はナッツ、ヒマワリ油やコーンオイルに含まれる

Wu JHY et al. Omega-6 fatty acid biomarkers and incident type 2 diabetes: pooled analysis of individual-level data for 39 740 adults from 20 prospective cohort studies Lancet Diabetes Endocrinol. 2017 Dec;5(12):965-974

Kroger J, Jacobs S, Jansen EH, Fritsche A, Boeing H, Schulze MB. Erythrocyte membrane fatty acid fluidity and risk of type 2 diabetes in the EPIC-Potsdam study. Diabetologia 2015; 58: 282–89


リノール酸 linoleic acid 18:2(n-6)
α-リノレン酸 α-linoleic acid 18:3(n-3)


関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム