FC2ブログ

心臓のGLP-1受容体の発現

RT-PCRで、GLP-1受容体(GLP-1R) mRNAが、心房と心室に発現している。in situ hybridization で、GLP-1Rは心房の sinoatrial nodeに発現しているが、心室に発現は確認できない。

まとめ
GLP-1RmRNAのopen reading frame 全長の転写transcript は、全ての心房、心室に膵臓と同等の検知レベルで認められた。心筋線維芽細胞、冠動脈血管内皮細胞、冠動脈血管平滑筋に、GLP-1RmRNA は認められなかった。

グルカゴンとGLP-2は、同じpreproglucagon 遺伝子から転写される。心房および心室で、GLP-2受容体mRNA発現はかなり低く、グルカゴン受容体mRNAは左室には認められなかった。

In situation hybridization で、十二指腸Brunner’s gland、膵島、心房組織のsinoatrial node にGLP-1Rの発現が確認できるが、心室組織では確認できない。
信頼できる抗体によるウエスタンブロッティングでは、感度が不十分で心室だけでなく膵島のGLP-1Rの発現が検出できない。

Baggio LL et al. GLP-1 Receptor Expression Within the Human Heart. Endocrinology. 2018 Apr 1;159(4):1570-1584.
関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム