FC2ブログ

SGLT2阻害薬のβ細胞保護作用

ルセオグリフロジンを4週間投与したdb/dbマウスでは、10週令(6週例から4週間投与)、14週令、18週、28週令でβ cell mass がコントロールに比べ増加している。

BrdUで評価したβ細胞の増殖は、10週令マウス(6週例から4週間投与)のみルセオグリフロジン群でコントロールに比べ増加している。BrdUとインスリンの共陽性細胞数は週令と共に減少する。TUNEL 法で検討した apoptosis は、10週令マウスでルセオグリフロジン群でコントロールより少なく、28週令で有意差はない。

MafA とインスリン共陽性細胞も週令と共に減少するが、ルセオグリフロジンではコントロールに比べ週令にかかわらず増加している。MafAの発現がβ細胞の機能と量に関係しているかもしれない。

Takahashi K et al. Effect of the sodium–glucose cotransporter 2 inhibitor luseogliflozin on pancreatic beta cell mass in db/db mice of different ages Sci Rep. 2018 May 1;8(1):6864.
https://www.nature.com/articles/s41598-018-25126-z
関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム