FC2ブログ

リラグルチドの食欲抑制作用には glutamatergic neuronのGLP-1受容体を必要とする。

リラグルチドは glutamatergic neuron、GABAergic neuron の両方を活性化する。
リラグルチドの食欲抑制、体重減少作用に、glutamatergic neuron のGLP-1受容体が必須である。
area postrema AP、lateral parabrachial nucleus IPBNのGLP-1受容体はリラグルチドで直接活性化されている。

まとめ
皮下注射したリラグルチドは glutamatergic neuron、GABAergic neuron の両方を活性化する。
リラグルチドliraglutide が活性化する5つの部位
・central amygdala CeA
・lateral parabrachial nucleus IPBN
・bed nucleus of the stria terminalis BNST
・caudal nucleus of the solitary tract cNTS
・area postrema AP
IPBNでは glutamatergic neuronが、CeA、BNST ではGABAergic neuronが占めている。cNTSとAPでは両者が混在している。

リラグルチドは、lateral septum、paraventricular thalamus、paraventricular hypothalamus、arcuate hypothalamus、ventromedial hypothalamus、lateral dorsal tegmental nucleus、rostral NTS でニューロンの活性化に影響しない。

GLP-1 受容体が glutamatergic neuron に発現しないマウスで、リラグルチドの体重減少、食欲抑制作用が認められない。GABAergic neuron に発現しないマウスでは、リラグルチドの効果は保たれる。
リラグルチドの作用にはglutamatergic neuronの発現するGLP-1受容体が必須である。

GLP-1受容体とGFPを発現するマウスの検討で、リラグルチドによるFos+ニューロンの割合はIPBN、APで高くCeA、BNST、cNTSで低い。
IPBN、APのGLP-1受容体発現ニューロンはリラグルチドで直接活性化されている。

Liraglutide Modulates Appetite and Body Weight Via GLP-1R-Expressing Glutamatergic Neurons
http://diabetes.diabetesjournals.org/content/early/2018/05/04/db17-1385

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム