FC2ブログ

2型糖尿病に対するclosed-loop

入院中の2型糖尿病患者で、closed-loopとインスリン皮下注射をランダム化し15日までの結果で比較、closed-loopでは、インスリン使用量は有意差ないが、血糖値100から180 mg/dl の target range に入る時間が長い。(65.8±16.8% vs. 41.5±16.9%)
平均血糖値は、closed-loop 154 mg/dl、コントロール 188 mg/dlとなった。

両グループとも、持続血糖値モニター (CGM) を装着し、CGMの低血糖アラームは63mg/dlに設定した。コントロールで、患者やスタッフにCGMデーターは隠されている。

closed-loop では、コントロールアルゴリズムを搭載したタブレットが、USBケーブルでCGMレシーバと結ばれている。
タブレットとインスリンポンプは Bluetooth で交信する。
食事に対するボーラスインスリンはおこなわず、インスリン注入は完全に自動化 (fully automated)されている。

Bally L et al. Closed-Loop Insulin Delivery for Glycemic Control in Noncritical Care. N Engl J Med. 2018 Jun 25. doi: 10.1056/NEJMoa1805233. [Epub ahead of print]

Thabit H et al. Closed-loop insulin delivery in inpatients with type 2 diabetes: a randomised, parallel-group trial. Lancet Diabetes Endocrinol. 2017 Feb;5(2):117-124.
ポンプとタブレットの交信不良(disconnection) による高ケトン血症を予防するため、このステディの closed-loop では、それまで使用していたグラルギンの20%量を併用している。
血糖値100から180 mg/dl の target range に入る時間は closed-loopの方が長い。
(59·8% (SD 18·7) vs. コントロール 38·1% (16·7))

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
19位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム