FC2ブログ

妊娠糖尿病は夏に診断されやすい。

妊娠中の糖負荷試験で、負荷1時間後、2時間後の血糖値が夏期に高い傾向が認められる。
気温に伴い深部体温が高くなるため静脈血の動脈血化がすすみ、静脈血サンプルの血糖値が高くなるためとされている。
妊娠中、皮下脂肪が増加しており、’hyperdynamic circulation’ であることも妊婦が温度変化の影響をうけ易い原因かもしれない。

Moses RG et al. Seasonal Changes in the Prevalence of Gestational Diabetes Mellitus. Diabetes Care. 2016 Jul;39(7):1218-21

Retnakaran R et al. Impact of daily incremental change in environmental temperature on beta cell function and the risk of gestational diabetes in pregnant women. Diabetologia. 2018 Aug 15. doi: 10.1007/s00125-018-4710-3. [Epub ahead of print]
トロントでのスタディ、2月から7月の期間、糖負荷試験から3〜4週間前の気温の変化が妊娠糖尿病リスクと関連する。

関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム