FC2ブログ

SGLT2阻害薬は肝臓のトランスアミナーゼ値を改善する。

・EMPA-REG OUTCOME trialの解析結果で、 EmpagliflozinによりALT優位のトランスアミナーゼの改善が認められる。
ALT値で三分割した最も高い群 (Tertile 3)では、他の群に比べALT値がより低下する。1)

・omega-3 (n-3) carboxylic acids (OM- 3CA)、dapagliflozin、OM-3CAとdapagliflozin 、プラセボの12週間の比較試験で、OM-3CAとdapagliflozin併用により、MRIで測定した肝脂肪量がベースラインに比べ減少した。dapagliflozin 単独では、ALT、AST、γGTP、などhepatocyte injury biomarker とFGF21が低下した。メタアナリシスでOM-3CAは体重減少がなくともNAFLDの肝臓の脂肪量を減少させると報告されている。FGF21高値は、NASHやミトコンドリア機能不全と関連する。2)

1 Sattar N et al. Empagliflozin is associated with improvements in liver enzymes potentially consistent with reductions in liver fat: results from randomised trials including the EMPA-REG OUTCOME® trial. Diabetologia. 2018 Jul 31. doi: 10.1007/s00125-018-4702-3. [Epub ahead of print]

2 Eriksson JW et al. Effects of dapagliflozin and n-3 carboxylic acids on non-alcoholic fatty liver disease in people with type 2 diabetes: a double-blind randomised placebo-controlled study. Diabetologia. 2018 Sep;61(9):1923-1934. doi: 10.1007/s00125-018-4675-2. Epub 2018 Jul 3.
関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム