FC2ブログ

BMIと死亡率

イギリスで Never-smokerの解析、BMIは死亡率に対してJ-shaped association となる。

BMI25が一番低く、BMIが低い側は5kg/m2ごとに0.81上昇、高い側は1.21上昇する。
BMIは、交通事故以外の死亡率と関連するが死亡率カーブは疾患により異なる。
ガンや心血管病、呼吸器疾患ではBMI 21-25 kg/m2での死亡率が一番低い。 
Smokers を含めた解析では、低いBMI が死亡率と関連し、喫煙が交絡因子であることを示唆する。
 
関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム