FC2ブログ

Icosapent ethyl と心血管イベント抑制

Icosapent ethylは高度に純化された安定型のeicosapentaenoic acid (EPA)で、1日4g(1回2g、1日2回)服用により心血管イベントリスク低下を認めた。NEJM誌に同時に掲載されたn-3脂肪酸と心血管イベントの一次予防のスタディでは、プラセボと有意差を認めなかった。
まとめ
スタチン服用中、LDLコレステロールはコントロールされ中性脂肪はやや高く(LDLコレステロール中央値75 mg/dl、中性脂肪中央値216 mg/dl)、心血管疾患や糖尿病のあるハイリスクな集団で、Icosapent ethyl 1日4g(1回2g、1日2回)、あるいはプラセボ(ミネラルオイル)との比較、フォローアップ4.7年で、プライマリーエンドポイント(心血管死、非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中、冠動脈再灌流、不安定狭心症)の25%のリスク低下を認めた。
Non-HDLコレステロールの低下は14 mg/dLで、この値から予想されるリスク低下は6-8%であるが、実際には25%のリスク低下を認めている。中性脂肪が正常でも心血管保護作用示しており、中性脂肪低下作用以外の代謝効果があることを説明する。
抗血栓作用が選択的血行再建術を減少させたとは考えにくく、膜安定化 (Membrane stabilizing effect)、冠動脈プラークの安定化と消退 (Stabilization and regression of coronary plaque) がイベントリスク低下に関与しているかもしれない。
JELISはオープンラベル試験で、pure EPA 1.8 g dailyとスタチンの併用とスタチンの比較、19%のリスク低下を示した。
Bhatt DL et al. Cardiovascular Risk Reduction with Icosapent Ethyl for Hypertriglyceridemia. N Engl J Med. 2019 Jan 3;380(1):11-22.


JE Manson et al. Supplementation with n-3 fatty acids did not result in a lower incidence of major cardiovascular events or cancer than placebo. N Engl J Med. 2019 Jan 3;380(1):23-32.
Yokoyama M et al. Effects of eicosapentaenoic acid on major coronary events in hypercholesterolaemic patients (JELIS): a randomised open-label, blinded endpoint analysis. Lancet. 2007 Mar 31;369(9567):1090-8.
関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
14位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム