FC2ブログ

ロタウイルスワクチンの完全摂取は1型糖尿病の発症率を低下させる。

2001から2007年、登録時1歳未満、1,474,535人、ロタウイルスワクチン接種と1型糖尿病の関連を検討した。

2006年に導入されたpentavalent RotaTeqは、2、4、6ヶ月時の3回接種
2008年に導入されたmonovalent Rotarix は、2、4ヶ月の2回接種

ワクチン接種を完全におこなった場合、未接種に比べ1型糖尿病の発症リスクは31%低下する。
pentavalent RotaTeq の完全接種では、発症リスクは37%低下する。
ワクチン接種が完全でない場合partial vaccination は1型糖尿病発症に影響しない。

アメリカでは2006年から2017年の期間、0から4歳の1型糖尿病の1年あたりの発症率は3.4%減少した。これは2006年から導入されたロタウイルスワクチンの影響と考えられる。


Rogers MAM et al. Lower Incidence Rate of Type 1 Diabetes after Receipt of the Rotavirus Vaccine in the United States, 2001-2017. Sci Rep. 2019 Jun 13;9(1):7727. doi: 10.1038/s41598-019-44193-4
関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム