FC2ブログ

罹病歴の長い1型糖尿病患者におけるインスリン陽性細胞

罹病歴の長い1型糖尿病患者の膵臓には、β細胞が残存している。ジョスリンメダリストでは、剖検された68例全てにインスリン陽性のβ細胞が認められている。β細胞細胞の残存のメカニズムが考えられている。1)

残存するβ細胞のソースは以下の3つのメカニズムが考えられる。2)
・自己免疫システムの視点から
1型糖尿病ではエフェクターT細胞の増強 (expanded effector T cells)と制御性T細胞(Treg)の機能異常が認められる。エフェクターT細胞と制御性T細胞のバランスが変化している。

・β細胞の生存
β細胞のあるサブセットは、”sleeping” あるいは”dedifferentiated” なβ細胞となり自己免疫の攻撃をのがれている。3)

・β細胞の生成
-β細胞のreplication
-膵管/腺房細胞、他の膵内分泌細胞からのtransdifferentiation
-前駆細胞からのneogenesis

1型糖尿病患者で、Cペプチドが感度以下であってもproinsulinが分泌されている。残存したβ細胞ではホルモン産生は開始されるが成熟したインスリン、Cペプチドを分泌できないのかもしれない。4)

β細胞は不均一heterogeneous である。5)

1.Yu MG et al. Residual β cell function and monogenic variants in long-duration type 1 diabetes patients J Clin Invest. 2019 Jul 2;130.

2.Oram RA, et al. Beta cells in type 1 diabetes: mass and function; sleeping or dead? Diabetologia. 2019.

3.Rui J et al. β Cells that Resist Immunological Attack Develop during Progression of Autoimmune Diabetes in NOD Mice. Cell Metab. 2017 Mar 7;25(3):727-738.

4.Sims EK et al. Proinsulin Secretion Is a Persistent Feature of Type 1 Diabetes. Diabetes Care. 2019 Feb;42(2):258-264.

5.Dorrell C et al. Human islets contain four distinct subtypes of β cells. Nat Commun. 2016 Jul 11;7:11756.
β細胞は表面抗原CD9とST8SIA1によりβ1から4の4種類に分類され、β1(CD9-ST8SIA1-)で最もグルコース応答性インスリン分泌が良好であった。

β細胞は特有の分子の遺伝子発現を低下させ免疫的攻撃から逃れている
関連記事
プロフィール

N. Ishizuka

Author:N. Ishizuka
糖尿病専門医です。インスリン分泌の基礎研究を経て臨床に戻りました。これまで読んだ論文を臨床に生かしていこうと思い、ブログ形式でまとめています。

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
13位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム